あーるのあーだこーで。

コーデ時々日々のこと。4歳&1歳の兄妹育児に奮闘中…!

その2。ダイロンマルチでシルクコットンのニットを染めました。

こんばんは、あーるです。今日も涼しくてやはり衣替えを早まったか…という思いですが戻すことも大変なのでこのまま行くしかないっ…。

 

では昨日の続きです。写真多めに追っていきます。

 

手順&経過 

 

ボウル小にダイロン一袋を溶かして菜箸でよく混ぜます。200cc 程度を電気ケトルで沸かしました。泡立て器を使うと良いとのことでしたが、菜箸で。少し溶け残りました。

 

バケツに塩40g、熱湯4リットルを入れて、ボウル小で溶かしてあるダイロン溶液を入れて混ぜます。

f:id:rno670:20180407092912j:image

濃い~ですね。
f:id:rno670:20180407092925j:image

20分タイマーをセット。しばらく静かにひたすら混ぜます。10分くらいしたら放置したり、時々混ぜたり。
f:id:rno670:20180407092937j:image

20分経過時。
f:id:rno670:20180407092945j:image

10回水ですすいだら、すすぎ後の水がほぼ透明に。
f:id:rno670:20180407093001j:image

濡れた状態、キレイな赤!
f:id:rno670:20180407093015j:image

洗濯機で1分脱水して干します

 

 

完成
f:id:rno670:20180407234159j:image

キレイに染まりました!

 

before-after


f:id:rno670:20180407234246j:image

 

気になる点


縫製している糸が化学繊維の染まらない素材だったようです。


f:id:rno670:20180408000049j:image
これくらい目立たないから着る分にはいいかな。

 

干していたネットに少し色うつりしたので、今後洗うときは単品手洗いが良さそうです。染めたからといってデリケートな素材だというのは変わらないので、大事に扱っていこう。

 

 

着画


f:id:rno670:20180408000054j:image

パキッとした赤です。

 

やってみて

 

予想以上にキレイに染まってやって良かったです。軽くて取り回しのし易い素材だったのも成功の一因かも。

本当は白デニムも染めてしまいたいのですが…家でやるならスペース的にもこの辺りが無難かな。作業自体もこういうの、実験っぽくて楽しいものです。染めている状態のどす赤い感じから、乾いてクリアな赤になってホッとしました笑。

 

キッチンのシンクで行いましたがステンレスに色は残りません。

プラのボウルには残りましたが、今後お掃除などに使うには問題ないかな。

 

使いあぐねていたニットですが、これなら活躍の場が増えそうです!