あーるのあーだこーで。

コーデ時々日々のこと。4歳&1歳の兄妹育児に奮闘中…!

ヒトメタニューモウイルス襲来。高熱続き×2人。

こんばんは、あーるです。ずっと発熱していた息子→娘がやっと元気になりましたので経過の記録です。

 

小児科での診断は「ヒトメタニューモウイルス」でした、何のことやら!初耳でした。
f:id:rno670:20180330010703j:image

 

ヒトメタニューモウイルスとは。

 

・春先から初夏(3~6月)に流行し、潜伏期は5〜6日
・感染者の喀痰などの分泌物に触れることによって手指にウイルスが付着し、その手で鼻や口の粘膜に触れることによって感染

・感染者の咳などによって発生する飛沫を吸い込むことによっても

 

・全年齢でみられますが、特に幼児と高齢者で多く発症
・症状は鼻咽頭炎などの感冒症状から気管支炎や肺炎まで幅広く、
呼吸ができなくなって死亡することも

・小児の呼吸器感染症の5~10%、成人の呼吸器感染症の2~4%は、
ヒト・メタニューモウイルスが原因だと考えられています。


・抗ウイルス薬はなく、対症的に治療します

 「手ピカジェル」のサイトより。

www.tepika.net

 

要は風邪症状なのですが凄く…重かった!

 

熱の経過

1日目 朝登園 夜38.7

2日目 朝38.5  夜39.8

3日目 朝38.2  夜39.9

4日目 朝38.5 夜37.5(解熱剤を朝飲む・小児科休診日)

5日目 朝39.0 小児科へ。ウイルス検査。

6日目 朝36.7、夕方も下がったまま。

 

…と、ようやく落ち着きました。

 

日々の経過詳しく

一日目

幼稚園へ。見学出来るイベントがあったので出向く。少し咳が出てるな、と気になる。

帰宅後、夕方熱くなっているのに気づき熱を計ると38.7。明日は休みかな、と予感(は、したがそんなに長引くとは…)。

 

二日目

38.5、これでは行けない。終業式に行けるように大事を取る。

三日目

38.2 朝からこれではやはり無理。明日、行けるか…?帰宅後、夕方の小児科を予約するも寝込んでしまう。連れていけずキャンセル。が、翌日が休診だと気づき明後日の朝一で小児科予約(明日下がるかも…と祈りつつ)。

四日目

38.5終業式だが厳しい。電話して最後15分くらいの帰りの挨拶あたりから登園。

以前の余りのカロナールを飲ませる。夜37.5、熱は薬で下がったが、夕方嘔吐。まさかの胃腸炎とダブルか?と焦る(結果、これは咳き込みのせいだった)。

 

五日目

39.0 朝一で小児科。娘も朝38度で嫌な予感。

息子は鼻に綿棒のアレでウイルス検査。薬を処方され帰宅後すぐに飲む。1330から四時間くらい昼寝。

 

六日目

36.7やっと下がる。午後久々に公園に行くが1時間で帰宅。無理せず。

七日目

36.5二日連続この体温ならもう大丈夫か…とひと安心。

 

まるまる一週間かけてようやく落ち着きました。

予想はしていました娘も発症しさらに高熱が続きました。40度越えて心穏やかでなかったですが、今はすっかり元気です。

 

 

振りかえって

終業日に関してはコレで良かったかな、と。卒園ではないしまたすぐ会えるしね。休むという選択もありだったけど、転園してしまうお友達がいたのでなんとか最後だけ出席させました。

 

長くなったので、娘は似た流れになりますがさらにひどかったです、別途また書くかも。

なんでこんなに風邪引くのか真面目に考察中です…。