あーるのあーだこーで。

コーデ時々日々のこと。3歳&1歳の兄妹育児に奮闘中…!

その3:食べたもの色々&まとめ。 ディズニーランドに行かない人のための舞浜シェラトンの楽しみ方。〜マタニティ旅、2歳連れ編〜

食べたもの、色々の紹介。


2F カフェトスティーナ:2月限定スイーツ&ベーカリーメニュー。

初日の部屋食でのデザート用にお部屋にテイクアウト。
f:id:rno670:20160220232846j:image
上:カシスショコラ
とろーり濃厚なチョコにしっとりスポンジ。
甘酸っぱいカシスのクリームと一番下のサクサク。広がる味と食感に幸せ…。
 
下:白いチョコクリームパン
甘め。生クリームではなくチョコクリーム!
部屋で濃いめのコーヒーをお供にして丁度良かったです。
 
 

1Fグランカフェ:朝食ビュッフェ

f:id:rno670:20160220232734j:image

千葉県産ピーナッツクリスピーワッフル(だったかな?)が特に美味しかったです。
和洋中、全てありましたが騒ぐ息子に手間取りなかなかゆっくり選べず。予想はしていたけれど旦那と交代で食べたり歩き回りを制止したり。
 
このプレート以外は息子が食べきれなかったものをつまみつつ、お腹いっぱい。
 
 
f:id:rno670:20160220232743j:image
キッズ用ビュッフェもあります。
可愛らしく彩られたコーナーに低めのカウンターとプラスチックのお皿などがあり安心です。
 
f:id:rno670:20160220232753j:image
デザートは息子自らキッズビュッフェコーナーから取った(トングの刺さった跡が…)カップケーキともっちり濃厚なギリシャヨーグルト。
ハチミツとクルミをかけて頂きました。

f:id:rno670:20160222221819j:plain

 
この解放感。贅沢で気持ち良い空間でした。
 

2Fカフェトスティーナ:イートインでお昼。

お腹があまり空かず軽めにしました。

チェックアウト後でしたのでお部屋ではなくイートイン。

f:id:rno670:20160220232805j:image

 

奥は野菜とカルビのずっしりサンドイッチ。
 
ピーナッツクリームのクロワッサンサンド。
こちらは生クリームは軽い甘さで食べだしたら食か進むこと。
千葉産の素材にこだわっているメニューです。
 
手前は持ち歩きやすいカップ入りのミニメロンパン&ミニブリオッシュ。
 息子はメロンパンばかり選んでいました…。
 
 
1日目の夕食はビュッフェかレストランにするか迷ったのですが、私が歩き疲れてしまい部屋にしました。
動きそうな息子をなだめつつレストラン…ではさらに疲れることになり厳しいかな、とせっかく来たもののちょっと妥協。
ザ・ショップ@シェラトンというホテル内のコンビニ風のお店におにぎりやサンドイッチなどの軽食がありました。
 
後から考えるとカフェトスティーナのサンドイッチなどを買えば良かった…と思います。
ルームサービスもありますが、それよりはリーズナブル。
美味しくお部屋に持ち帰りもOKですので部屋食にオススメです。
 
 

まとめ

ちょっと前にディズニーランドの値上げのニュースなどもありましたね。

パークに行ってホテルに泊まって…というとこれまで以上に支出の多い大イベントになってしまうのかもしれません。

 

 

今回はたまたま舞浜のシェラトンに泊まりましたが

「ホテルにただ泊まるだけ」

のプチマタ旅も良いものだな、と思いました。

 

当初は箱根やら伊香保やら関東近郊の温泉を考えていました。

ただ、2歳連れのマタニティでは移動疲れも大きくなるだろうと思ったし、日取りを考えているうちにこの時期になることが判ったので止めておきました。

 

妊娠中の時期、無理はしたくありません。

 

ホテル内で子どもを適度に遊ばせられる。

家事を一切しなくて良い。

美味しいものを食べられる。

お風呂でのんびり出来る。

 時間を気にせずに過ごせる。
 
これだけでも、とても気分転換になりました。
 
 
息子としてはホテルの前に寄ったイクスピアリがただ歩くだけで楽しかったようです。
 
階段上るのが好きだし、迷路のように道から道へ歩く歩く…!
私はもうちょっとショッピングをしたかったのが心残りですが。
 
反省点はもうちょっとグルメ情報を精査してから行けば良かったな~というところ。
食事のバランスが崩れて意外とものを食べていない!
帰りはイクスピアリの「カフェカイラ」でパンケーキ!と思っていたのですが全然お腹が空かずに断念してしまいました。
 
あとは、時期が早ければマッサージも組み込みたかったです。
 
とはいえ、おおむね満足。
 
 
 
これからしばらくは長旅は出来ないと思います。
でも、子どもが産まれたらもっと近くのホテルに
「ただ、泊まるだけ」
というのもいいかな、と思えた旅でした。f:id:rno670:20160222224611j:plain
 
お部屋からの夜景。
以上、プチマタニティ旅行レポでした。