あーるのあーだこーで。

コーデ時々日々のこと。3歳&1歳の兄妹育児に奮闘中…!

地域の保健相談所から突然電話がかかってきた話。

会員登録や諸々の連絡先として自宅の電話番号はあまり記入することはないのですが…突然午前中に自宅電話が鳴りました。

家族かな?と思いきや聞きなれない声。
地域の保健相談所の担当さんからでした。

そういえば役所に出した妊娠届けには自宅とスマホ、両方記入したのだっけ。
妊娠届けにあるちょっとしたアンケートで

□子育てについて不安がある

にチェックしてあったから電話してきたのだそうです。

第一子の時はどうだったかな…別の区でしたが思い出せない。

理由についてしばしお話しました。
悪阻で第一子の面倒を見るのが辛いこと、区の施設の一時預かりも使っているけど混んでいてなかなか予約が取れないことなど。

回答としては保育園の一時保育も使ってみては?とか園庭開放なら限られた場所で遊ぶから目も届きやすいのでは?というそんなに目からウロコな話でもなかったのですが、

『つわりで辛い今は自分を大事に自分中心に考えても良いんじゃない?』

という一言に不覚にもウルっと来てしまいました。


私意外と頑張ってるのかなーなんて、思った次第。


見ず知らずの人からの言葉、ましてや相手は仕事でもありますが、少し気持ちが楽になったような気がしました。


誰かに言葉にして言ってもらいたかったのかもしれません。